転職をするならストーリー性があること

転職と一言で言っても人それぞれ事情があります。


それがやむをえない理由であるのか、自分勝手なものであるのかは長く人事をしている会社担当者ならすぐに見抜いてしまいます。

全く関係のないような職を転々としているのと、同じ業界で転々としているのと、同じ職種で転々としているのとでは全く違います。一番厳しいのは当然、脈絡の無い転職を繰り返していることです。

事務職から営業を経て再度事務職に戻ることが出来るでしょうか。

今、最も注目を集めるロケットニュース24情報探しに特化した総合サイトです。

一見難しいです。しかし、宅建の資格を取ったことで不動産営業をしてみたが、やはり自分には事務職で机に向かって仕事をするのが向いていると感じられたといわれるとどうでしょうか。その人が、今後、再び営業に向かう可能性があるでしょうか。
又、ここで重要なポイントはある程度のレベルの資格を取得していることです。

宅建は年に一度の資格で、受験資格の無い登竜門的な資格でもあります。

競争試験ですのである程度の勉強、努力が出来る人間であることの証明にはなります。

このように営業には向いていないが資格は取ったんだというアピールが出来ること。



これがストーリーを作るうえで重要です。

ただ、がんばりますでは誰でもいえますが、資格は実績として残ります。

何事も成果を挙げておくことが大事です。

逆に同じ業界内での転職ですが、こちらは年令がある程度に達するまでは楽に進めるでしょう。
しかし、狭い業界ですと独立でもしない限り年令と共に門戸は狭く、最後はしまってしまうことになります。
一番ありがちな同じ職種でのステップアップ転職の繰り返しですが、これは限度があります。

仙台の転職についての情報を提供しています。

40歳くらいを限度にもとからいるスタッフが職場を離れない限りあなたの入り込む余地がなくなるからです。結論から言うと、転職には相手を納得させる客観的な努力の成果を見せることが出来ること。

つまり頑張りが利く事の証明として資格を取ることです。


実務に使うかどうかは別問題です。